manapedia
物理基礎 物体が進んだ距離を求める計算問題
著作名: 藤山不二雄
17,113 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

物体が進んだ距離を求めてみましょう。

車がある一定の速度を保ったまま秒進むとします。
速度をとしたとき、車が間に進む距離は、
  で求めることができます。
距離=速度×時間

ですものね。これをグラフに表すと、次のグラフの斜線部の面積が距離そのものであることに気づくはずです。
ALT


速度が一定ではなかったとしたら?

では、次のグラフのように速度が一定ではない場合、進んだ距離はどうなるでしょうか?
ALT

このグラフのように、進む速度が変化しているときでも、進んだ距離は斜線部の面積と等しくなります。
この場合の移動距離は、点Aで区切って2つの台形の面積を求める方法で計算します。



13mが進んだ距離ということになります。

進む速度が変化しようがしまいが、進んだ距離はグラフを描いて面積を求めることで簡単に求まる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






物理