manapedia
マグマの性質によって噴火のパターン、形成される土地が変わる
著作名: gg佐藤
16,012 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

マグマの性質によって噴火のパターン、形成される土地が変わる

火山の噴火は、マグマの性質(さらさらしているのか、ねばねばしているのか等)によって変わってきます。

マグマがさらさらしている場合、マグマだまりから地球の表面にでてくるまでは時間もかからずに、比較的おだやかに噴火します。
溶岩には玄武岩が多く含まれ、火山ガスの量は少なめです。
粘性の低いマグマは、山の傾斜を速く流れるために、それらが固まったあとには、平な溶岩台地楯状火山が形成されます。
地球上の多くの火山は、この楯状火山になります。
ALT

(世界最大の楯状火山:マウナ・ロア山)
それに比べて、マグマに粘性がある場合(ねばねばしている場合)、マグマだまりから地表に出てくるまでに時間がかかり、そのぶん激しい噴火になります。
溶岩には流紋岩が多く含まれ、火山ガスの量も多いです。
粘性の高いマグマは、山の傾斜をゆっくりと流れるために、それらが固まったあとには、溶岩ドーム火山岩塔が形成されます。
ALT

(溶岩ドーム)
火山噴火の種類

ところで一言で火山の噴火と言っても、噴火には2つのタイプがあります。
○山頂噴火
火山の山頂にある中心火口から行なわれる噴火のことです。そのまんまですね。
○山腹噴火
山頂だけではなく、山腹に火口ができて噴火するパターンです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学