manapedia
邪馬台国と卑弥呼
著作名: 早稲男
11,159 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

邪馬台国と卑弥呼

3世紀になると、中国では魏・呉・蜀という3つの国が勢力を持っていました。その中の魏の歴史を記した魏志倭人伝の中に、日本には邪馬台国という国があり、そこの女王が卑弥呼であるということが記されていました。

卑弥呼はシャーマン的な役割を果たし国を治めていたと考えられています。
魏の王に使者を送って、魏の国王から「親魏倭王」と書かれた金印をもらったということも魏志倭人伝には書かれています。

ちなみに、邪馬台国が台頭する以前にも、中国に使者を送っていた国はあったようで、福岡県志賀島から「漢倭奴国王」とほられた金印が出土しています。
そのときの中国は後漢が治めていて、当時の後漢書東夷伝に、東の国から使者がきたということが書かれています。


この邪馬台国ですが、九州北部にあったとする説と奈良県にあったとする説があり、未だに結論は出ていません。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
4_197 邪馬台国と卑弥呼
10分前以内
>




中学社会 歴史