manapedia
三角比を使って円に内接する四角形の辺の長さ、面積を求める方法
著作名: OKボーイ
85,085 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

円に内接する四角形

AB=7、BC=5、CD=4とする次の図形で、
ALT


(1)辺ACの長さを求めよ
(2)ADの長さを求めよ
(3)四角形ABCDの面積を求めよ

という問題を一緒に問いてみましょう。

補助線を引く

まず、解りやすくするために補助線を1本引きます。
みなさん、どこに引けばいいのか考えてみてください。




ALT

点Aと点Cを結ぶ補助線を引きます。
こうすることで、三角形ABCと三角形ACDという2つの三角形を使って考えることができます。

【1】辺ACについて求めよ。

ここでは三角形ABCに余弦定理を当てはめます。みなさん、余弦定理は覚えていますか?
覚えていない方のために少し復習しましょう。覚えている方は飛ばしていただいて構いません。

余弦定理

余弦定理とは、三角形ABCにおいてそのを辺a、b、cとしたときに




が成り立つという法則でした。

余弦定理を当てはめる

これを上記の三角形ABCに当てはめると



これを展開して



ここで cos60°=1/2 なので

 

となります。
(cos60°=1/2 は決まりごとですので、考えないでしっかりと覚えてください)

AC>0なので、  



が答えとなります。


次は辺ADの長さ


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I