manapedia
金閣寺と銀閣寺 それぞれの特徴と違い
著作名: 早稲男
143,073 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

金閣寺と銀閣寺

室町時代には、京都を代表する2つの建築物が建立されました。
金閣寺銀閣寺です。正確には金閣寺は鹿苑寺(ろくおんじ)、銀閣寺は慈照寺(じしょうじ)と言います。

鹿苑寺
ALT

金閣の特徴は、なんといっても金箔で塗られたそのたたずまいでしょう。
建てられたのは3代将軍足利義満の時代です。(1950年に焼けてしまったので、現存しているものは1955年に新しく建てられたものです)。公家の文化と武士の文化に加え、日明貿易で入ってきた大陸の文化が融合した北山文化を代表する建造物です。


慈照寺
ALT

一方で銀閣ですが、金閣にくらべてえらい地味な感じがしますね。
銀閣が建てられたのは8代将軍足利義政の時代です。
この時代には、簡素で気品のある文化が流行していました。このころの文化のことを東山文化と言います。
銀閣の1階部分は書院造といって、現代日本家屋の基本の形となる造りをしています。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 歴史