manapedia
元禄文化に出てきた作品
著作名: 早稲男
20,878 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

元禄文化に出てきた作品

江戸時代前半の文化のことを元禄文化と言います。
庶民を中心とした、活気にあふれた文化です。この時期に台頭した作品をまとめて紹介しましょう。
名前主な作品名ジャンル
松尾芭蕉奥の細道俳諧
近松門左衛門曽根崎心中人形浄瑠璃
井原西鶴好色一代男・日本永代蔵浮世草子
市川團十郎・坂田藤十郎歌舞伎
尾形光琳紅白梅図屏風・風神雷神図屏風装飾画
菱川師宣見返り美人浮世絵


風神雷神図屏風
ALT


見返り美人
ALT


※ちなみに江戸時代のおわりごろに栄えた文化のことを化政文化と言い、元禄文化と比べてきかれることがあります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 歴史