manapedia
明治大正の文学作品
著作名: 早稲男
6,380 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

明治大正の文学作品

明治に入り、文学作品にも変化が現れるようになります。
それまでの文学というものは、少なからず宗教の影響であったり昔の言葉遣い(文語表現)を含んでいるものが多かったのですが、この時期からは、自分の見たもの聞いたもの感じたものをそのまま文章に表現する作家が登場してきました。
日清戦争の前後には、ロマン主義と呼ばれる流派が主流でした。

名前作品名
森鴎外舞姫
樋口一葉たけくらべ
与謝野晶子みだれ髪


日清戦争の前後には、自然主義と呼ばれる流派に移行していきます。

名前作品
永井荷風地獄の花
島崎藤村破壊


自然主義ののちに、反自然主義という流れがでてきます。

名前作品
夏目漱石坊ちゃん
森鴎外高瀬舟




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学社会 歴史