manapedia
フランス革命の進展③ ~フイヤン派、ジロンド派、ジャコバン派の争いと第一共和制の成立~
著作名: エンリケ航海王子
48,255 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

立法議会の成立

オーストリア・プロイセン両国によるピルニッツ宣言が出されたことで、フランス国内に緊張が走ります。

こうした中、1791年憲法による選挙が行われ、国民議会を解散し、新たに一院制の立法議会が成立しました。

この立法議会には様々な党派が存在しました。もともと、ジャコバン=クラブという政治勢力に固まっていましたが、革命の進行と共に分裂していきます。

ALT

(革命政党の変遷)

フイヤン派

1791年7月にジャコバン=クラブから分裂した政党で、立憲王政派です。裕福な市民や自由主義貴族を代表していました。
指導した政治家は、ラ=ファイエットパルナーヴなどです。

ジロンド派

ジロンド地方出身者によって結成された党派で、穏健共和派です。富裕・中流市民や商工業ブルジョワを代表していました。

ジャコバン派

ジャコバン=クラブに最後まで残った政党で、後に山岳派(議場の最も高い場所に席があったのでこの名で呼ばれた)という党派が主導権を握りました。急進的な共和派で、サン=キュロットという貧しい市民を中心に支持を受けました。指導した政治家は、ロベスピエールマラーダントンサン=ジュストなどです。

革命戦争

立法議会で、主導権を握ったジロンド派は、フイヤン派やジャコバン派の慎重論を押し切り、以前から主張していたオーストリアとの戦争を開始します。彼らは、フランス反革命勢力の一掃と、外国からの干渉を一気に払いのけ、革命を更に進めるために、オーストリアに宣戦布告したのです。

ところが、準備不足で、兵力も劣っていたフランス軍は、各地でオーストリア・プロイセン連合軍に負けてしまいます。

この責任を取り、ジロンド派内閣は倒れ、代わりにフイヤン派内閣が組閣されます。内閣は祖国の危機を全国に訴え、各地から多数の義勇兵がパリに集まります。

そんな中、革命軍の劣勢の原因が国王にあると考えたジャコバン派は、義勇兵やサン=キュロットに呼びかけ、国王一家のいるテュイルリー宮殿を襲撃します。スイス人警護兵は全滅し、国王一家はタンプル塔に幽閉され、王権は停止されました。これを八月十日事件と言います。

ALT

(八月十日事件)

一方、前線ではヴァルミーの戦いで革命軍がオーストリア・プロイセン連合軍に勝利し、フランスは軍事的に外国勢力を追い出すことに成功します。
ヴァルミーの戦いは、民兵からなる革命軍が絶対主義国の職業軍人を破ったことから、プロイセン軍に従軍していた文豪ゲーテが「ここから、そしてこの日から、世界史の新しい時代が始まる」と記した戦いでもあります。


ALT

(ヴァルミーの戦い)

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史