manapedia
等差数列の和
著作名: OKボーイ
8,285 views
等差数列の和の求め方

ここでは、等差数列の和の求め方を紹介しましょう。

とある数列の最初の項がa、交差がl、最後の項がnのときとき、その数列の和Sn
 …①
 …②
で求めることができます。


これを次の数列で実際に使ってみましょう。

2、5、8、11、14、17
初項が2、交差が3、最後の項が17、項数が6の等差数列です。
この数列の和を求めてみます。

まず、公式を使わずに全部たしてみましょう。
2+5+8+11+14+17=57 です。

まず①の公式を使います。


続いて②の公式です。


以上のように、答えが同じになりましたね。
よくテストに出るところなので、しっかり覚えて使えるようにしておきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。



最近見たテキスト
15_197 等差数列の和
10分前以内
>



数学B