manapedia
数学的帰納法の基本的な考え方②
著作名: OKボーイ
14,321 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

前回は数学的帰納法という証明方法について説明をしましたね。
数学的帰納法の基本的な考え方①
今回はその続きです。
すべての自然数nについて、
…①
であることを証明してみましょう。

この問題の解法を示しましょう。
考え方については前回のテキストを参照してください。
1:n=1のとき

n=1のとき


よって①が成り立つことがわかります。
2:n=mのとき

n=mのとき①が成り立つと仮定します。つまり
 …②
が成り立っていると仮定します。

このうえで、n=m+1のときに①が成り立つかどうかを証明します。つまり
 …③
が成り立つかどうかを証明するわけですね。



②より、  なので






となり、③の右辺と同じになりましたね。
以上のことから、n=mのときに①が成り立つと仮定すると、n=m+1のときにも①が成り立つことがわかりました。
数学的帰納法からすべての自然数nについて①が成り立つことが証明されたことになります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学B