manapedia
円の特徴~同じ弦をもつ三角形~
著作名: OKボーイ
22,294 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

円の特徴

ここでは、同じ弦をもつ三角形に外接している円の特徴について説明しましょう。
ALT


図のように円の中に△ABP、△AQB、△ABRがあるとします。
この三角形はABを共通の底辺としてもっていますね。
このような状況にあるとき、∠APB=∠AQR=∠ARBの大きさは同じになります。

問題をみてみましょう。

ALT


図のように、四角形ABCDがあります。∠BAC=30°、∠BCD=120°がわかっているとき、∠DBCの大きさを求めてみましょう。


∠DBCの大きさを考えるにあたって、△BCDに注目します。
∠DBC=180°-(∠BDC+∠BCD) …① ですね。

ここで先程学んだ性質です。△ABCと△BDCにおいて
∠BAC=∠BDC=30°であることがわかります。

これを①に代入して
∠DBC=180°-(30°+120°)=30° 
となります。

この性質は円の基本なので、いちいち「○○の性質より」と説明書きを加える必要はありません。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。