manapedia
チェバの定理の証明
著作名: OKボーイ
31,786 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

チェバの定理とは

ALT


チェバの定理とは、図のように△ABCがあったとしましょう。
△ABCの内部もしくは外部に点Oをとったとき、AからOを通る直線とBCとの交点をP、同様に点Qと点Rを定めます。このとき
 となる定理です。


この定理を証明してみましょう。
証明

△AOBと△AOC

△AOBと△AOCに着目します。
ALT


△AOBの面積は、
AO×BL÷2

△AOCの面積は、
AO×CM÷2

△AOB:△AOC=AO×BL÷2:AO×CM÷2=BL:CM

このとき、BL//CMなので、
BL:CM=BP:CP

よって
△AOB:△AOC=BP:CP

これを変形すると
 ー①

△AOCと△BOC

次に△AOCと△BOCに着目します。
さっきと同様にして

△AOC:△BOC=AR:RB

これを変形すると
 ー②

△BOCと△BOA

最後に△BOCと△BOAに着目します。

同様にして

△BOC:△BOA=CQ:QA

これを変形すると
 ー③


①×②×③をすると、



これを整理すると
 となりますね。

この定理は、公式だけを覚えても何の役にもたちません。
仮に文字がP、Q、RからD、E、Fにかわったら、きっと頭が混乱してしまうでしょう。必ず、図を通して覚えるようにしましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。