manapedia
貴族の成人式
著作名: 春樹
7,229 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

成人式

 元服といった言葉にみられるように、当時の貴族の子供たちは「大人になる儀式」を通して一人前の大人と認められました。ここではその風習について述べたいと思います。
男子成人式

まず男子ですが、11歳~15歳ぐらいまでの間に「元服」とよばれる儀式を行いました。髪型を結いあげると同時に、冠をかぶせてもらうのがこの儀式のメインイベントです。

元は「頭」を意味し、元服とは頭に冠を載せることを意味します。冠をかぶせる役目は朝廷で力のある人にお願いするのが慣例で、元服後もその人に後見人として支えてもらっていました。
女子の成人式

女子は12歳~14歳のころまでに「裳着」という儀式を行いました。この儀式の後に、「裳」を身にまとい、髪の毛を結いあげて、一人前の大人であることを示しました。またお歯黒や引眉(眉毛を剃り描き直すこと)を始めるのもこの年頃からです。
自分の娘に裳着を行わせることは、お嫁に行かせる準備ができているという親の意思の表示でもありました。

元服、裳着を終えると、一人前の大人として結婚が許されるようになったのです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
9_197 貴族の成人式
10分前以内
>