manapedia
n(AuB)=n(A)+n(B)-n(A∩B) 包含と排除の定理
著作名: OKボーイ
12,828 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

包含と排除の定理

包含と排除の定理と言われても「?」な人も多いでしょう。
要するに次の図を式に表したものです。
ALT


集合Aの要素の個数をn(A)で表します。
例えば、集合Aを満たす要素が5個のときは、n(A)=5となります。
このとき以下の定理が登場します。

AまたはBを満たす要素の数は、Aの要素+Bの要素-AかつBの要素


この定理の証明は、まさに図の通りです。
AかつBの部分を2回足しているので、この部分を引くと考えると覚えやすいでしょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I