manapedia
確率の定義
著作名: OKボーイ
9,463 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

確率の定義

すべての事象Uの要素の個数をn(U)、Uの中にある特定の事象Aの要素の個数をn(A)とします。
Uのどの事象も同様に確からしいとき、事象Aの起こる確率P(A)は

で表すことができます。
同様に確からしいとは、すべての事象が同じ確率で起こりえるということでしたね。

サイコロの目

確率の問題でよく使われるのがサイコロです。

サイコロの目は6つですので、n(U)=6となります。
このサイコロの目の中で偶数の目である事象をAとすると、Aに当てはまるのは
A=2、4、6の3つですので、n(A)=3となります。

よってサイコロを1回ふってその目が偶数となる確率P(A)は
  となりますね。

これは、サイコロの目がすべて同じ確率で出るから可能な計算方法です。


例えば、サイコロの目のうち偶数の目が奇数の目よりも出やすい細工をしてあるといった場合、この計算で確率を求めることはできません。しかし、現段階でそこまで気にする必要はないでしょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
13_197 確率の定義
10分前以内
>