manapedia
多項式を展開したときの係数
著作名: OKボーイ
27,502 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

二項定理を使って、展開した式の係数を求めてみましょう

二項定理を使って計算式を展開し、その係数を求める問題です。


この式を展開したとき、xyの係数は4ですね。
 ですからこれは簡単にわかると思います。

のように展開が簡単にいく場合は問題がないですが、 のように展開が面倒くさいときに、二項定理を使って係数を求めることができるのです。
 
それでは試しに、 を展開したとき、 の係数を求めてみましょう。
考え方

二項定理を使って を展開してみる。
解法

まずは二項定理を使って を展開してみましょう。



おっとここで  の係数が出てきましたね。
 つまり 
 の係数となりますね。

この手の問題は、式を最後まで展開させることが目的ではありませんので、答えがみつかったらぱっと切り替えて次の問題にとりかかるようにしましょう



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II