manapedia
ド・モルガンの法則(定理)の証明
著作名: OKボーイ
58,190 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ド・モルガンの法則(定理)

ここでは、ド・モルガンの法則(定理)についての説明、そして証明をしてみたいと思います。
ド・モルガンの法則(定理)とは

ド・モルガンの法則(定理)とは、集合AとBとがあるとき
 …①
 …②

言葉に表すと
①は、「AもしくはB」でないならば、AではないかつBではない。
②は「AかつB」でなければ、AではないまたはBではない


これがド・モルガンの定理と呼ばれるものです。
証明

①の定理

それではこれらを証明してみましょう。
図1
ALT


まず、 は、図1の斜線部になります。
よって は図②の斜線部になります。
図2
ALT


また、 、  はそれぞれ図3と図4の斜線部になります。
図3
ALT


図4
ALT



これらから、の示す部分は図5となります。
図5
ALT


先ほどに図2と一致しましたね。以上のことから①の定理が証明できました。

②の定理

続いて②の定理の証明をしましょう。
まずは図6の斜線部になるので、は図7の斜線部になります。
図6
ALT


図7
ALT


は、先程の定理①で使用した図3と図4になります。このことからは図8のようになります。
ALT



図7と図8が一致しましたね。
よって②の定理も証明ができました。

これがド・モルガンの定理です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I