manapedia
定積分の計算法則
著作名: OKボーイ
16,512 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

定積分の計算法則

ここでは定積分の計算法則について説明したいと思います。

f(x)の前についている定数kはインテグラルの前に出すことができます。


f(x)とg(x)がインテグラルに囲まれていたとき、それらは分解することができます。


aからaまでのようにインテグラルについている数字が同じであれば、その定積分は0となります。


インテグラルについている上端の数字と下端の数字(ここではaとb)を入れ替えたとき、定積分のプラスとマイナスが逆になります。


右辺の左の式は、aからcまでの定積分、右の式はcからbまでの定積分を表します。
a→c、c→bということはすなわち、a→bとまとめられるということですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
14_197 定積分の計算法則
10分前以内
>




数学II