manapedia
3次方程式の解の数に合わせて定数を決める
著作名: OKボーイ
9,478 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

3次方程式の解の数に合わせて定数を決める

aを定数とするとき、
 が3つの異なる解を持つaの範囲について考えてみましょう。
考え方

 となるので、この方程式はにおけるx軸との交点のx座標が解となるのと等しい

 とし、微分して増減表を作ってみる

・グラフを描いてみる
解法

としたとき、
 となるので
増減表は次のようになります。
ALT


そしてグラフは次のようになります。
ALT


このグラフにy=aを重ねた時に、y=f(x)とy=aとの交点が3つになる範囲が、 が解を3つもつためのaの範囲となります。
このような範囲は、0<a<4となりますね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II