manapedia
極大と極小とは
著作名: OKボーイ
4,027 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

極大と極小

2次関数までは、xの範囲内において最大値・最小値を求めていました。
しかしここの単元で扱うのは、2次関数のように簡単に増加と減少がわかるものではありません。そのために導関数が必要になってくるのです。
例えば次の図をみてみましょう。
ALT


新しく、極大極小という概念が出てきます。この図では、点Aと点Bが極大値、点Cと点Dが極小値となります。

極大値とは、f'(x)=0となるxの値の前後において、f'(x)の符号がプラスからマイナスに変化するときのxの値で最大のものを言います。

一方で極小値とは、f'(x)=0となるxの前後において、f'(x)の符号がマイナスからプラスに変化するときのxの値で最小なものを言います。

必ずしも極大値=最大値、極小値=最小値となるわけではないことに注意してください。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
14_197 極大と極小とは
10分前以内
>




数学II