manapedia
導関数 その1
著作名: OKボーイ
4,863 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

導関数とは

関数f(x)において
極限 が存在するとき
これを関数f(x)の導関数であると言います。そして

 …① 
と表します。
そしてf(x)からf'(x)を求めることを、f(x)を微分すると言います。
例えば次の関数を使って導関数を求めてみましょう。(微分してみましょうともいいます。)


 の導関数

導関数は と定められていますので、これを利用します。

f(x)=xなので、これをに代入すると
 となります。
つまり①式は次のようになります。



 の導関数

①より



ここで、hは0に限りなく近づいていることに注目をしてください。
hが限りなく0に近づくということは、f'(x)は、2x+hからだんだんと2xに近づいていくということになりますね

したがって、と表します。

 の導関数

①より


先ほどと同じように、hは0に限りなく近づいていることに注目してください。hが限りなく0に近づくということは、f'(x)は、からだんだんとに近づいていくということになりますね。

したがって、 となります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
14_197 導関数 その1
10分前以内
>




数学II