manapedia
指数関数のグラフの特徴
著作名: OKボーイ
8,432 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

指数関数のグラフ

a>0かつaが1ではないとき、
 は、aを底とするxの指数関数であるといいます。
今までみてきた2次関数等との違いは、a>0、aが1ではない、かつ、 xがマイナスにもなる、yは決して0にならないということです。

例えば、  のグラフをみてみましょう。
ALT


このグラフを、指数関数  のグラフと言います。
注目すべきはx軸には交わらない、すなわちx軸を漸化線としているところです。

1つ補足ですが
 と  のグラフは
左右対称の関係にあります。

すなわち指数関数には、 において
a>1なれば右上がり、0<a<1ならば右下がりの曲線となるという特徴があります。

ALT

ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II