manapedia
cos(α+β)=cosαcosβ-sinαsinβ 加法定理の証明
著作名: OKボーイ
10,760 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

加法定理の証明

正弦(sin)と余弦(cos)には加法定理という法則が存在します。


  …①
  …②
  …③
  …④

まずは①と②の証明をしてみましょう。
証明

ALT


まず図のように、αとβ、そして点Aと点Pをとります。
このときPの座標はP((cos(α+β),sin(α+β))となりますね。
ここでAPの長さに注目をします。


これを展開して整理すると
  …⑤

続いて次の図を見てください。
ALT


先ほどの図形を点PとAを、原点を中心に-αだけ回転させたものになります。
このときQとRの座標は
Q(cosβ,sinβ)、R(cosα,-sinα)となります。
ここでも、先ほどと同じようにQRの長さに注目します

これを展開して整理すると
  …⑥


△OAPと△ORQは合同な三角形なので
 です。
⑤と⑥を用いて


これを展開して整理すると

が成り立つことがわかりますね。

ここで①の式において、「β」を「-β」に置き換えて考えてみましょう。

の「β」を「-β」に置き換えると
  となりますが

,
ですのでこの式は

となり、②も成り立つことがわかりました。


③と④の証明は次回行いましょう。
まずはこのコサインの公式を導けるように自分で解き直してみてください。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II