manapedia
三角関数の値の正負
著作名: OKボーイ
29,361 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角関数の値の正負

角の動径がどの象限に含まれているかによって、三角関数の値の正負が変わってきます。これを図示すると次のようになります。
ALT


例えば
 
のとき、sin、cos、tanの値はどうなるでしょうか。(弧度法で表記しています。)

 
ということは、 θは第1象限の角ですのでsin、cos、tanの正負は全部プラスとなります。

では  
ではどうなるでしょうか。(弧度法で表記しています。)
まず、 
よりθは第3象限、第4象限にあることがわかります。
そして  
より、θは第1、2、3象限のどこかということになります。
以上のことからθは第3象限の角であることがわかりました。
図をみてもわかるように、 第3象限のsinとcosの値はマイナスで、tanの値はプラスとなります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II