manapedia
任意定数をもつ直線について考える
著作名: OKボーイ
8,389 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

任意の定数にかかわらず、必ず定点Aを通る

(3kー2)y=(2k+1)x+3 …①は、実数kの値にかかわらず、定点Aを通ることを示し、また点Aの座標を求めなさい

考え方

kの値にかかわらずということは、kがどんな値でもということ。
なので、①に適当なkの値を代入してそれらの式が交わる点を求める。これが求めるべき点Aとなる
解法

まずは、計算を楽にするためにk=0、k=1を代入してみましょう
k=0のとき

k=0を代入して整理をすると、①は 
x+2y+3=0 …② となります。
k=1のとき

k=1を代入して整理をすると、①は
3x-y+3=0 …③ となります。
2直線の交点を求める

次に②と③の交点の座標を求めます。
②+③×2より


②×3-③より


問題は①式が  を必ず通るかどうかです。
①式にこの点の座標を代入して、左辺=右辺となれば、kの値にかかわらず①はこの点を通るということになります。つまり、それが求めるべき点Aとなります。

①式に
 を代入します。
左辺は


右辺は


左辺=右辺。
このことから①の直線は、実数kの値にかかわらず

を通ることになります。

そしてこの点が求めるべき点Aです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II