manapedia
恒等式 ax²+bx+c=0が恒等式のときa=b=c=0の証明
著作名: OKボーイ
17,023 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

恒等式



のように、x、y、a、bの文字にどんな数値を代入しても等式が成り立つ時、その等式をそれらの文字の恒等式であるといいます。
例えば
 は恒等式ですが
 は恒等式とは言いません。

ここまではご理解頂けましたか?
恒等式における決め事

 がxについての恒等式である場合、


これは恒等式における決め事です。
これを証明してみましょう。
証明

 がxについての恒等式ということは、この等式のxにどんな値をいれてもこの等式は成り立つはずです。
試しにx=0、x=1、x=-1を代入してみましょう。
x=0のとき

 …ⅰ
x=1のとき

 …ⅱ
x=-1のとき

 …ⅲ

この3つの連立方程式を解くと、
ⅰとⅱより …ⅳ
ⅰとⅲより …ⅴ

ⅳとⅴより
はⅰより確定していますので、以上のことから
 であることが証明されました。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II