manapedia
三角比の公式 90°<θ<180°の場合
著作名: OKボーイ
10,270 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

90°<θ<180°における三角比の公式の証明

0°<θ<90°において





であることは以前学習しましたね。ではこれらの公式が90°<θ<180°では当てはまるのかどうかを検証してみたいと思います。
まず、次のような図を用意します。
ALT


円の半径は1で点Pは第2象限にあります。
このときOA=x、PA=y、OP=1(円の半径なので)ですね。

 …①
 …②
 …③

また△OPAにおいて三平方の定理より

 …④

グラフからこれらのことがわかります。
まず①、②、④を使って
 が証明できます。

続いて
①、②、③より
 が証明できます。

そして最後に

x ^{2} +y ^{2} =1] なので


②より、
 が成り立ちます。


以上のことから、
90°<θ<180°であっても三角比の定理は成り立つことがわかりましたね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I