manapedia
余弦定理を使った計算~3辺のみが与えられた場合~
著作名: OKボーイ
55,060 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

余弦定理を使った計算問題

余弦定理を使った計算問題を一緒に解いてみましょう。
△ABCにおいて、a=8、b=5、c=7のとき、∠Cの角度を求めなさい。


まずは△ABCを描いてみます
ALT


角度が与えられていないので、正弦定理を使うには難しそうですね。
では余弦定理でしょうか。

余弦定理より
 …① 
まずcosCを求めて、その値がキレイであればCの角度がわかりそうですね。

与えられた数値を①に代入してみます。



 

が求まりました。
cosCがこの値をとるのは、∠C=60°のときですね。

よって答えは∠C=60°となります。

このように、三角形の3辺が与えられたときには余弦定理が有効です。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I