manapedia
余弦定理を使った計算~2辺と1角が与えられた場合~
著作名: OKボーイ
51,401 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

余弦定理を使った計算問題

余弦定理を使って、簡単な計算問題を解いてみましょう。
△ABCにおいて、b=3、c=4、∠A=60°のとき、辺aの長さを求めなさい。また、△ABCの外接円の半径を求めなさい

まず△ABCを描いてみましょう。
ALT



最初に、正弦定理が使えるかを考えてみましょう。

ですが、これを使うには与えられた値が少なすぎますね。
では余弦定理ではどうでしょうか。

 …①
これなら使えそうです。
問題で与えられた値を①に代入すると



 より

a>0なので、  が答えです。

この問題のように、1つの角とそれを形成する2辺が与えられた場合には、余弦定理が使えます。


忘れてはいけないのは、もう1問あることです。
△ABCの外接円の半径を求めるには、正弦定理が有効でしたね。
∠A=60°、aの値は先程求めましたので、正弦定理より


 となります。


問題文は最後まできちんと読むようにしましょうね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I