manapedia
正弦定理を使った簡単な計算2
著作名: OKボーイ
12,296 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

正弦定理を使った計算

正弦定理を使って、各辺の割合について求めてみましょう。
△ABCにおいて、各辺の長さがa:b:c=2:4:5であったとき、「sinA:sinB:sinC」の値を求めなさい


まず、△ABCがどのような三角形かはわかりませんが、適当に図示してみましょう。
ALT



ここで、各辺とsinA、sinB、sinCとが関係してくる法則がなかったかを考えてみます。
そう、 正弦定理がありますね。正弦定理とは
のことでした。

正弦定理より各辺は
 …①
 …②
 …③

と表すことができます。
①、②、③をa:b:cに代入すると
a:b:c=2RsinA:2RsinB:2RsinC=2:4:5

2×2:2×4:2×5=2:4:5と同じように
2RsinA:2RsinB:2RsinC=sinA:sinB:sinC=2:4:5
が求められます。

重要なのは、各辺とsinA、sinB、sinCとが関係してくる法則がなかったかをぱっと頭に思い浮かべられるかどうかです。

繰り返し問題を解いて頭に浮かぶようにがんばりましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I