manapedia
パレスチナ問題の発端 〜イギリスの中東外交〜
著作名: エンリケ航海王子
19,253 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

現在でも、紛争の絶えないパレスチナ地域。この紛争の発端が20世紀に入ってからイギリスの中東外交によって引き起こされたということを知っていますか。

このテキストでは、イギリスの中東外交とそれが何故パレスチナ問題に結びついたのかを説明します。

フサイン=マクマホン協定

時は、第一次世界大戦中のことでした。
ドイツにオスマン帝国がつき、イギリス・フランス・ロシアの連合軍と戦ったこの戦争で、ある協定が結ばれます。

イギリスは連合軍側だったので、ドイツやオスマン帝国の弱体化を望んでいました。

当時のオスマン帝国内で、アラブ人が独立しようとしているという情報を入手したイギリスは、1915年に、アラブ人の指導者フサインと、イギリスのエジプト高等弁務官マクマホンを通じて書簡を交わします。

ALT


(アラブ人の指導者フサイン)

ALT


(高等弁務官マクマホン)

この書簡の内容は、オスマン帝国領内のアラブ地域におけるアラブ人の独立を保証するというものでした。

このフサイン=マクマホン協定を得たアラブ側は、オスマン帝国に反旗を翻し、戦いを始めました。

サイクス=ピコ協定

しかし、連合国のイギリス・フランス・ロシアは、1916年に秘密協定を交わし、オスマン帝国の分割やパレスチナ地域を国際管理するという秘密協約を結びます。

これをサイクス=ピコ協定と言います。

これは、前年にアラブ側と交わされたフセイン=マクマホン協定の内容と矛盾するものでした。

しかし、この秘密協定は、翌年にロシアの革命政府によって国際的に明るみに出て、アラブ側の人々を激怒させます。

バルフォア宣言

これら協定違反にもかかわらず、イギリスは更に新たな協約を結びます。

戦争遂行のために、大量の資金が必要だったイギリス政府は、当時ヨーロッパで大きな資本を持っていたユダヤ資本の協力を求めるために、1917年バルフォア宣言というものを出します。
バルフォアは当時のイギリスの外相の名前です。

ALT


(外相バルフォア)

バルフォア宣言は、ユダヤ人が、パレスチナ地域に自分たちの国家を作り民族独立を達成することを約束したものです。

このように、各国のナショナリズムを利用しようとしたイギリスの度重なる秘密条約の結果、その後パレスチナ地域が紛争地域になってしまったのです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史