manapedia
2次不等式の解き方〜(x-1)(x-4)<0と(x-1)(x-4)>0~
著作名: OKボーイ
200,081 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

様々な形の2次不等式

(x-1)(x-4)<0

まず(x-1)(x-4)<0の解き方を説明しましょう。

とりあえず、普通の2次方程式として考えてみる

とりあえず不等号のことは忘れて、2次方程式

(x-1)(x-4)=0

を解いてみましょう。
答えはx=1、4 になりますね。

グラフを描いてみる

続いて、2次関数f(x)=(x-1)(x-4)のグラフを描いてみましょう。
f(x)=(x-1)(x-4)を変形します。



から、グラフは下記のようになります。
ALT


この2次関数のグラフは、x=1、4のときにx軸と交わるグラフとなります。
ここで1つ覚えましょう。 (x-1)(x-4)<0ということは、y<0であるxの範囲を求めよ同じ意味。

y<0となるのは、"1<x<4"の範囲です(赤枠で囲まれたところ)
ALT


これが一連の解き方なのですが、いちいちグラフを描いていると時間がかかってしょうがありません。ですので

(x-α)(x-β)<0のときはα<x<β (α<β)


と覚えましょう。
今回の問題に照らし合わせると
(x-1)(x-4)<0は1<x<4となりますね。

(x-1)(x-4)>0

次は、先程と不等号の向きが逆の 
(x-1)(x-4)>0 
の場合を考えてみましょう。

(x-1)(x-4)>0ということは、上のグラフにおいて y>0になるxの範囲ということになります。

グラフからもわかるとおり、
x<1、4<x のときにy>0が成り立ちますね。

これも先ほどと同じように、毎回こうやってグラフから求めていたのでは時間がかかってしまいます。ですので

(x-α)(x-β)>0のときはx<α、x<β (α<β)


と覚えましょう。先ほどと不等号の向きが逆です。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I