manapedia
3分でわかる古今著聞集「能は歌詠み」の内容とポイント
著作名: 走るメロス
193 views
古今著聞集『能は歌詠み』

ここでは古今著聞集の中の「能は歌詠み」(花園の左大臣の家に、初めて参りたりける侍の〜)の内容とポイントを記しています。

※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら
古今著聞集『能は歌詠み』のわかりやすい現代語訳・口語訳と解説

※品詞分解はこちら
古今著聞集『能は歌詠み』の品詞分解(助動詞など)

ポイント・要点

・歌を詠むとき、その場に応じて人の意表をつくような機転を題にしたもの。

・歌の初句だけを聞いて笑いだした人たちの、早とちりな態度をいましめている。

内容

花園の左大臣のもとに、歌を詠むことが得意という侍が出仕していました。ある日、大臣が「誰か格子を下ろしにやってこい」と命じたところこの侍がやってきました。大臣はこの侍が歌を詠むことが得意だと言っていたことを覚えており、「はたおり(きりぎりす)」を題にして歌を詠むよう命じました。するとこの侍は「あおやぎの」と歌い始めたので、周りの女房たちは笑い始めました。「あおやぎ」は「春」を表す言葉で「はたおり(きりぎりす)」が鳴く秋にはそぐわなかったからです。しかし侍は、その後に「春→夏→秋」と季節の移り変わりを見事に詠み上げ、大臣たちを感心させたのでした。

場面は変わって寛平の歌合せのときの話です。紀友則が「初雁」を題材にした歌を詠むときに「春がすみ」と詠み始めたところ、相手側の人たちが笑い始めました。これは「初雁」が秋をさす言葉であり、春を思い出させる「春がすみ」が秋にそぐわないと早とちりをしたからでした。しかし二句目以下を詠んだあとにはその笑い声もなくりました。

花園の左大臣と紀友則の話は同じことではないでしょうか。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語