manapedia
2次関数「定義域が0≦x≦aのときの最小値を考える問題」
著作名: OKボーイ
15,793 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数の定義域が 0≦x≦aのときの最小値

前回の記事では定義域が決まっていない2次関数における最大値を求めました。今度は最小値を求めてみましょう。

最小値


においてxの定義域が 0≦x≦aのときの最小値を求めなさい。

同じように …①のグラフを描いてみましょう。

なので、グラフは次のようになります。
ALT


aの範囲によって考えられるグラフのパターンは上のように2パターンです。

1:0<a<2のとき

0≦x≦2ですので、必然的にa=2ではないことがわかります。
よって0<a<2の範囲においてを考えます。

左側のグラフより(このとき定義域を満たすyの範囲は実線のところです)
この範囲での最小値はx=aのとき
 となります。
2:2≦aのとき

このときは、右側のグラフより頂点(2,1)で最小値をとります。
x=2のとき、最小値はy=1

まとめ

最大値の求め方、最小値の求め方を2回にわたってみてきましたが
同じ関数であっても、定義域によって最大最小値が変わってくることに気をつけましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I


Copyright (C) 2012-2016 Wizshare Inc. All rights reserved.
モバイル版 | パソコン版