manapedia
英語 tooとeitherの違い・使い方
著作名: ほりぃ
90,123 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

tooとeither

「~もまた」の意味を持つ 「,too」 と 「either」ですが、どのように使い分けたらいいのでしょうか。

tooは 基本的には肯定文でのみ使います。
ただtooと覚えるのではなく、「 ,too」と覚えましょう。
この「,(カンマ)」が大切です。
I like it,too. 私もそれ好きです。

eitherは 否定文で用います。
これも,tooと同じように、「 ,either」と覚えましょう。
I can't play the guitar ,either. 私もギターが弾けません。

番外編

ではこれはいかがでしょう。
A:-私は犬が苦手です。- I don't like a dog.
B:-私もです- ○○○○

という会話の「私もです。」です。
これは「私も得意でない」というニュアンスの文章ですので、eitherを使うべきでしょうか?
答えは neitherです。

neitherは、 neither=not~+eitherという性質をもった単語です。
私も苦手です、ということはI don't like a dog,either.ということですね。
これを省略していう場合に、 me neitherという単語を使います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語