manapedia
古文単語「ふと」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
180 views
ふと

ALT

※「ふと」には
①副詞
②浮図/浮屠(名詞)
などの用法があるが、ここでは「①副詞」を扱う。
副詞

意味1

たやすく、簡単に

[出典]:竜の頸の玉 竹取物語
「わが弓の力は、竜あらばふと射殺して、首の珠は取りてむ。」

[訳]:私の弓の力であれば、もし竜がいるものならたやすく
殺して、首の珠を手に入れられるだろう。


意味2

さっと、たちまち、すぐに

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほし、かなしと思しつることも失せぬ。」

[訳]:中将が(壺を)取ったので、(天人が)さっと天の羽衣を(かぐや姫に)お着せ申し上げたところ、翁を気の毒だ、ふびんだとお思いになっていたことも( 天の羽衣の影響でかぐや姫の心から)消えてしまいました。


意味3

不意に、急に、思いがけず

[出典]九月ばかり 枕草子
「少し日たけぬれば、萩などの、いと重げなるに、露の落つるに枝のうち動きて、人も手ふれぬに、ふとうへざまへあがりたるも、いみじうをかし...」

[訳]:少し日が高くなると、萩などで、(露がたくさんついて)とても重たそうであるものに、露が落ちると枝がすこし揺れ動いて、人が手を触れないのに、急に上の方へ跳ね上がったのも、とても趣があります...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。