manapedia
veryとmuchの使い方
著作名: ほりぃ
11,057 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

veryとmuchの使い分け

veryとmuchはどちらも、「とても」というよく似た意味を持つ副詞です。
この使い分けがやっかいなのですが、説明しましょう。

very

veryは 基本的に形容詞や副詞を修飾します。 動詞は修飾できません。
He is very tall.
You are very beautiful.
She walks very slowly.

much

muchは 基本的に動詞を修飾します。
否定文や疑問文ではそのまま much の形で、肯定文では very much の形で使います。

Thank you very much.
I don't like it much.

副詞は基本的にどの位置にきても意味をなしますので、置く場所そのものは対して重要ではありません。しかし、動詞と目的語の間にくることはあまりないということは覚えておいてください。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
11_197 veryとmuchの使い方
10分前以内
>




英語