manapedia
古文単語「あやにくなり/生憎なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
175 views
あやにくなり/生憎なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形あやにくなら
連用形あやにくなりあやにくに
終止形あやにくなり
連体形あやにくなる
已然形あやにくなれ
命令形あやにくなれ


意味1

意地が悪い、厳しい、無慈悲だ

[出典]道真の左遷 大鏡
「帝の御掟、きはめてあやにくにおはしませば、この御子どもを、同じ方につかはさざりけり。」

[訳]:帝のご処置が、非常に厳しくていらっしゃったので、このご子息たちを、同じ場所におやりにならなかったのでした。


意味2

都合が悪い、生憎だ、間が悪い

[出典]:浮舟 源氏物語
「『あなかま、あなかま。下衆などの、ちりばかりも聞きたらむに、いといみじからむ。』と言ひゐたる、心地恐ろし。あやにくに、殿の御使のあらむ時、いかに言はむと、『初瀬の観音、今日事なくて暮らしたまへ。』と、大願をぞ立てける。」

[訳]:「お静かに、お静かに。下衆どもが、少しでも聞きつけたら、とても大変なことになりましょう。」と言っているが、嘘をつくのが恐ろしい。間が悪く、殿のお使いが来たような時には、どのように言おうと、「初瀬の観音様、今日が平穏無事で暮らせますように。」と、大願を立てるのであった。


意味3

度合いがはなはだしい様子

[出典]:桐壺 源氏物語
「かれは、人の許しきこえざりしに、御心ざしあやにくなりしぞかし。」

[訳]:あの人は、周囲の人がお認め申し上げなかったのに、(帝の)ご寵愛がはなはだしく深かったことであるよ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。