manapedia
always,sometimes,usually,oftenの位置
著作名: ほりぃ
79,700 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

always,sometimes,usually,oftenの位置

意外と知られていませんが、always,sometimes,usually,often副詞の仲間です。
ここでは、これらの語句が文章中のどこに来るのかについて説明しましょう。
be動詞の文章と一般動詞との文章で違いますので、気をつけてくださいね。

be動詞の文章

be動詞の文章では、これらの副詞は次の位置におかれます。
A+be動詞+副詞+~  be動詞の後ろです。

This door is always open. この扉はいつも開いているね。

一般動詞の文章

それでは一般動詞の文章の場合はどうでしょう。
一般動詞の文章では、これらの副詞は次の位置におかれます。
A+副詞+一般動詞~ 一般動詞の前です。

I usually wake up 7 in the morning. いつも朝7時に起きます。
I often go to school on foot. よく歩いて学校に行きます。

助動詞がある場合

一般動詞の文章で助動詞がついているときはどうでしょうか。
A+助動詞+副詞+一般動詞~
助動詞がついている場合は、助動詞の後に副詞をつけます。

He can always do it well. 彼はいつもうまくやるよね。

進行形になったとき

では最後に質問です。
進行形になったときはどこに置かれると思いますか?


答えはbe動詞の後ろ、~ingの前です。
I'm always wondering who he is. 彼が誰なのかいつも気になっているの。


副詞は基本的にどこに置いても間違いではないですが、動詞と目的語の間には置かないのが通例です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語