manapedia
古文単語「みあはす/見合はす」の意味・解説【サ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
77 views
みあはす/見合はす

ALT

サ行下二段活用

未然形みあはせ
連用形みあはせ
終止形みあはす
連体形みあはする
已然形みあはすれ
命令形みあはせよ


意味1:他動詞

顔を見合わす、目を合わせる

[出典]刑部卿敦兼と北の方 古今著聞集
「家に帰りて、すべてものをだにもいはず、目をも見合わせず...」

[訳]:家に帰って、全く口さえもきかず、目も合わせず...


意味2:他動詞

見比べる、あれこれ見比べる

[出典]:箒木 源氏物語
「人の有り様をあまた見合はせむの好みならねど...」

[訳]:女性の様子をたくさんあれこれ見比べようという趣味ではないけれど...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。