manapedia
2次関数の値域の求め方~上に凸のグラフ~
著作名: OKボーイ
18,065 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数の値域

前回は、下に凸の2次関数の値域について説明をしました。
今回はその逆で上に凸の2次関数の値域について説明をします。
前回を読んでいない人は、まずそちらから読んでくださいね。

グラフが上に凸の場合、その値域はどうなるでしょうか。
 (xの定義域は -1≦x≦2 )で考えてみましょう。
この関数のグラフは、以下のようになります。
ALT

(定義域に対応している範囲を実線で描いています)

このグラフから一目瞭然のように、-8≦y≦0がyの値域となります。
ただ、下に凸の関数と同じようにここで注意しなければならないのはyの最大値です。(下に凸の関数のときに注意しなければならなかったのは、yの最小値についてでしたね。)

つまり、 xの最大値がとる値が、yの最大値ではないということです。

上に凸のグラフの場合、その頂点のyの値がyの最大値をとるということを抑えておきましょう。
以上のことから、yの値域は、「-8≦y≦0」 となります。



これまで2回にわたって2次関数の値域についてみてきましたが次のことが言えます。
下に凸の関数の場合、yの最小の値に注意

上に凸の関数の場合、yの最大の値に注意



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I