manapedia
2次関数の頂点の求め方
著作名: OKボーイ
209,897 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数の頂点の求め方

「2次関数のグラフを描け」という問題がでてきたときに、まずやらなければならないことはグラフの頂点の座標を求めることです。ここではその頂点の求め方について説明します。

y=x²+4x+6

という2次関数があったとしましょう。

関数の式を変形する

頂点を求めるにはまず、与えられた2次関数の式を

y=a (x+b)² +c

の形にすることから始めます。因数分解のようにキレイな形にする必要はありません。汚くても

y=a (x+b)² +c

の形にします。今回のy=x²+4x+6は、

y=x²+4x+6=x²+4x+4+2=(x+2)²+2

と変形することができます。

このとき「(x+2)」と「+2」に注目です。これは、頂点を原点(0,0)からx軸のマイナス方向に「2」、y軸のプラスの方向に2動かしたということを意味しています。xの値に注意です。 (x+2)で、マイナス方向に2動かしています

+2だからといって、+の方向に2動かさないよう気をつけてください


つまりy=(x+2)²+2は、(-2、2)を頂点とする下向きに凸な放射線を描くということになります。

頂点の座標を求める場合、無理にでも

y=a (x+b)² +c

の形にできるかが、解法への近道です。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I