manapedia
伊勢物語『鳥の子/あだくらべ』(むかし、男ありけり。うらむる人をうらみて〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
484 views
伊勢物語『鳥の子/あだくらべ』

このテキストでは、伊勢物語の第50段『紀有常』(むかし、男ありけり。うらむる人をうらみて〜)の品詞分解を記しています。書籍によって「鳥の子」や「あだくらべ」と題するものがあります。

品詞分解

※名詞は省略しています。

むかし、
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
うらむるマ行上二段活用「うらむ」の連体形
格助詞
うらみマ行上二段活用「うらむ」の連用形
て、接続助詞
「鳥
格助詞
格助詞
づつ接続助詞
系助詞
かさぬナ行下二段活用「かさぬ」の終止形
とも接続助詞
思はハ行四段活用「おもふ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
ひと
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
もの
かは」係助詞または係助詞「か」+係助詞「は」
格助詞
いへハ行四段活用「いふ」の已然形
完了の助動詞「り」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
「朝露
係助詞
消えのこりラ行四段活用「きえのこる」の連用形
接続助詞
係助詞
ありラ行変格活用「あり」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形
べし推量の助動詞「べし」の終止形
代名詞
係助詞(係り結び)
代名詞
格助詞
格助詞
たのみはつタ行下二段活用「たのみはつ」の終止形
べき」可能/推量の助動詞「べし」の連体形(係り結び)
又、副詞
男、
「吹くカ行四段活用「ふく」の連体形
格助詞
こぞ
格助詞
係助詞
散らタ行四段活用「ちる」の未然形
打消の助動詞「ず」の終止形
とも接続助詞
あな感動詞
たのみがたク活用の形容詞「たのみがたし」の語幹
格助詞
は」係助詞
又、副詞
女、
返し、
「ゆくカ行四段活用「ゆく」の連体形
格助詞
かくカ行四段活用「かく」の連体形
より格助詞
係助詞
はかなきク活用の形容詞「はかなし」の連体形
係助詞
思はハ行四段活用「おもふ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
係助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
なり断定の助動詞「なり」の連用形
けり」詠嘆の助動詞「けり」の終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。