manapedia
古文単語「とりよす/取り寄す」の意味・解説【サ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
249 views
とりよす/取り寄す

ALT

サ行下二段活用

未然形とりよせ
連用形とりよせ
終止形とりよす
連体形とりよする
已然形とりよすれ
命令形とりよせよ


意味1:他動詞

(手元に)
引き寄せる、持って来させる

[出典]虫は 枕草子
「夏虫、いとをかしうらうたげなり。火近う取り寄せて物語など見るに、草子の上などに飛びありく、いとをかし。」

[訳]:夏虫はとても趣があってかわいらしい。明かりを近くに引き寄せて物語などを読んでいると、本の上などを飛び歩いているのは、とても趣がある。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。