manapedia
土佐日記『亡児2』(十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜)わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
1,784 views
土佐日記『亡児』

このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の中の、「十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」から始まる箇所の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

書籍によっては「羽根」と題するものもあるようです。また、この章と「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる箇所をあわせて『亡児』とする書籍もあるようです。

土佐日記『亡児1』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)の現代語訳

原文

十一日。に舟を出だして、室津を追ふ。人みなまだたれば、海のありやうも見えず。ただ月をてぞ、西東をば知りける。かかる間に、みな夜明けて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ。(※1)今し、羽根といふ所に来ぬ。若き童この所の名を聞きて、

「羽根といふ所は鳥の羽のやうにやある。」


と言ふ。まだ幼き童の言なれば、人々笑ふ時に、ありける女童なん、この歌を詠める。

まことにて名に聞くところ羽ならば飛ぶがごとくに都へ(※2)もがな

歌の解説


とぞ言へる。男も女も、

(※3)いかでとく京へもがな。」


と思ふ心あれば、この歌よしとにはあらねど、

「げに。」


と思て、人々忘れず。この羽根といふ所問ふ童のついでにぞ、又昔の人を思ひ出でて、いづれの時に(※4)か忘るる。今日はまして、母の(※5)悲しがらるることは。下りし時の人の数足らねば、古歌に、

「数は足らでぞ帰る(※6)べらなる。」


といふ言を思出でて、人の詠める。

世の中に思ひやれども子を恋ふる(※7)思ひにまさる(※8)思ひなき(※9)かな

歌の解説


(※10)言ひつつなむ

現代語訳(口語訳)

十一日。夜明け前に船を出発させて、室津を目指して行く。人々は皆まだ寝ていたので、(自分だけ起き出すこともできず)海がどういう状態なのかは見えない。ただ月を見て、東西(の方角)を知った。このような間に、すっかり夜が明けて、手を洗い、いつも習慣にしていることをして、昼になった。ちょうど今、羽根というところに来た。幼い子どもがこの場所の名を聞いて 

「羽根というところは鳥の羽のような形なのかな。」


と言う。まだ幼い子どもの言葉なので、人々が笑うときに、(その場に)いた女の子が、この歌を詠んだ。 

本当に(羽根という)名に聞く場所が(鳥の)羽であるならば、(その羽で)飛んでいくかのように(早く)都に帰りたいなぁ。



と言った。男性も女性も 

「どうにかして早く京都へ帰りたい。」


と思う心があるので、(女の子の詠んだ)この歌が上手だというわけではないのだけれど

「本当に(そのとおりだ)。」


と思い、(この歌のことを)忘れない。この羽根というところについて尋ねる子どもをきっかけに、また昔の人(亡くなった女の子)のことを思い出し、いつ(我が子のことを)忘れるだろうか、いや、忘れはしない。今日は特に、(亡くなった女の子の)母(紀貫之の奥さん)が悲しまれること(はなはだしい)。(京都から土佐に)出向したときの人数が(土佐から京都に戻るときには娘が亡くなったために減ってしまい)足りないので、昔の歌に 

「数が足りないで帰るようだ。」

(※古今集に詠まれていた歌を指す) 


という(歌があった)ことを思い出して、ある人が詠んだ(歌)。 

世の中に思いをはせてみても、子どもを恋い慕う気持ちに勝るような悲しみはないことであるよ


と言いながら(悲しみにくれるのであった)。 

次ページ:品詞分解と単語


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。