manapedia
古文単語「ふすぶ/燻ぶ」の意味・解説【バ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
288 views
ふすぶ/燻ぶ

ALT

バ行下二段活用

未然形ふすべ
連用形ふすべ
終止形ふすぶ
連体形ふすぶる
已然形ふすぶれ
命令形ふすべよ


意味1:自動詞

煙をたてる、くすぶる

[出典]折節の 徒然草
「六月のころ、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火ふすぶるもあはれなり。六月祓、またをかし。」

[訳]:六月の頃に、みすぼらしい家に夕顔が白く(咲いているのが)見えて、蚊を追い払うための火がくすぶっているのも趣がある。六月祓も、また趣がある。


意味2:自動詞

やきもちを焼く、嫉妬する

[出典]:苦しげなるもの 枕草子
「思ふ人二人もちて、こなたかなたふすべらるる男。」

[訳]:愛する人を二人持って、こちらからもあちらからも嫉妬される男(は困っているように見える)。


意味3:自動詞

すねる

意味4:他動詞

いぶす、くすぶらせる

[出典]:須磨 源氏物語
「おはします背後の山に、柴といふ物、ふすぶるなりけり。」

[訳]:(光源氏が)住んでいらっしゃる後ろの山で、柴というものをいぶしているのであった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。