manapedia
不等式の基本とその解き方
著作名: OKボーイ
17,645 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

不等式

400kgまで重さを計ることのできるはかりがあります。1つ30kgの荷物をX個載せたときに、はかりの針が振り切れました。このとき、はかりに載せることのできる荷物の数は最高で何個まででしょうか。

このような問題があったとしましょう。

30kgのおもりをX個載せたので、はかりに載っていた重さの重量は「30Xkg」ということになります。
この重さがリミットの400kgを超えてしまったときの荷物の個数は、

30X≦400

を解くことで求めることができます。

X ≦13.3

ですので、このはかりは、重さ30kgの荷物を13.3個まで載せることができます。
13.3個というのは現実的にはありえませんので、13個まで載せることができるということです。

このように、 数量の間の大小関係を不等号を使って表した式不等式と言います。
不等号とは<、>、≦、≧のことで、a≦とb≧はa以上、b以下を表します。
a<とb>はaより大きい(aは含まない)、b未満(bは含まない)ということです。

等式と同様に、不等号の左側を左辺、不等号の右側を右辺と言います。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I