manapedia
古文単語「ことのほかなり/殊の外なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
1,017 views
ことのほかなり/殊の外なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形ことのほかなら
連用形ことのほかなりことのほかに
終止形ことのほかなり
連体形ことのほかなる
已然形ことのほかなれ
命令形ことのほかなれ


意味1

意外だ、予想外だ

[出典]:御法 源氏物語
「すくよかにも思されず、我ながら、ことのほかにほれぼれしく思し知らるること多かる紛らはしに、女方にぞおはします。」

[訳]:(紫の上を失くした光源氏は)しっかりとしたお気持ちもなく、我ながら、意外にぼんやりしていると思い知らされることが多いので、(それを)紛らわすために、女房のほうにいらっしゃる。


意味2

格別だ、特別だ、とりわけ

[出典]時平 大鏡
「右大臣は才世に優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。」

[訳]:右大臣(菅原道真)は学識にとても富み立派でいらっしゃいますし、ご性格も、格別にすばらしくていらっしゃいます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。