manapedia
古文単語「ことわる/判る/理る/断る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
149 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ことわる/判る/理る/断る

ALT

ラ行四段活用

未然形ことわら
連用形ことわり
終止形ことわる
連体形ことわる
已然形ことわれ
命令形ことわれ


意味1:他動詞

(事の是非や善悪などを)
判断する、判定する

[出典]いみじき成敗 沙石集
「『七つこそありしに、六つあるこそ不審なれ。一つをば隠されたるにや。』と言ふ。『さることなし。もとより六つなり。』と論ずるほどに、果ては国の守のもとにして、これをことわらしむ。」

[訳]:「(軟挺は)七つあったはずだが、(ここに)六つあるのは疑わしい。一つお隠しになられたのではないですか。」と(持ち主の男は)言います。(夫は)「そのようなことはありません。もともと六つですよ。」と言い争ううちに、しまいには国守のもとで、これを判断させる(ことになりました)


意味2:他動詞

事情を説明する、解き明かす、弁解する

[出典]悲田院の堯蓮上人は 徒然草
「『にぎはひ、豊かなれば、人には頼まるるぞかし。』とことわられ侍りしこそ...」

[訳]:「富があって(懐がにぎわって生活が)、豊かなので、人から信頼されるのです。」と解き明かされたので...


意味3:他動詞

あらかじめ説明をして了承を得る

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。