manapedia
古文単語「さること/然る事」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
1,095 views
さること/然る事

ALT

連語

連体詞「さる」(ラ行変格活用「さり」の連体形とする説もある)と名詞「事」が一語になったもの。
意味1

(前の言動を受けて)
そのようなこと、そんなこと

[出典]いみじき成敗 沙石集
「『七つこそありしに、六つあるこそ不審なれ。一つをば隠されたるにや。』と言ふ。 『さることなし。もとより六つなり。』...」

[訳]:「(軟挺は)七つあったはずだが、(ここに)六つあるのは疑わしい。一つお隠しになられたのではないですか。」と(持ち主の男は)言います。(夫は)「そのようなことはありません。もともと六つですよ。」...


意味2

(前の言動を肯定して)
もっともなこと、そのとおり、しかるべきこと

[出典]いでや、この世に生まれては 徒然草
「『人には木の端のやうに思はるるよ。』と、清少納言が書けるも、げにさることぞかし。」

[訳]:「(法師というものは)人には木の端のように(たいしたことがないものと)思われているよ。」と清少納言が書いているのも、本当にもっともなことです。


意味3

言うまでもないこと、もちろんのこと

[出典]:重衡被斬 平家物語
「日ごろの悪業はさることなれど、今の有様を見奉るに...」

[訳]:常々の悪行は言うまでもないことだが、今日の有様を拝見するにつけ...


意味4

たいしたこと、それほどのこと

[出典]:宇治拾遺物語
さることはなけれど、高く大きに盛りたる物ども持て来つつ据ゆめり」

[訳]たいしたことはないが、高く大きく盛った品々を持って来ては据えるようだ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。